武柳派科目表⑦   
Ⅰ短棒(基本相対技)型   
武器の種類 打ち太刀  支 太 刀   
①短 刀  中断突き  袈裟に一歩下がり小手連続打ち→外水平脛打ち  
②短 棒  垂直打ち込み  反りでかわし小手打ち  
③剣  上段打ち  囲い受け(上)→内水平足打ち  
長 物  上段突き  よけ構えから内受け、蜘蛛足で間合いを詰め内水平(斜め)鎖骨打ち  
   Ⅱ短棒(相対連続攻防)型
打 ち 太 刀   支 太 刀  
①1歩踏み込み上段垂直打ち   (すり足) 中段対刃物の構えから、囲上段受け(間合いにより踏み込んでも下がっても良い)   
②右下から逆手袈裟打ち
 (左からの歩み足) 
1歩下がりながら囲下段受け(左下囲になる)   
③左袈裟足打ち(右足からの歩 み足)  1歩下がりながら短棒で下段払い受け                               (この時、体でかわせば短棒で太刀に当て受けなくても良い)   
④上段突き 内受けで蜘蛛足で間合いを詰め上段打ち(打ち方は何でも良い)  
   Ⅲ徒手(相対)変化型
①(ヘッドロックに対しあご攻め抜けず)金的攻め又は足甲踏み外し変化
②(腕抜きが抜けず)肘陰つねり抜きへ変化   
③(後肘首絞めに対し肘陰つねり抜けず)金的攻めはずしへ変化   
④(手首つかみに対し抜けず)裏膝蹴り込みくずしから髪引き投げ へ変化  
⑤(脇絞りきかず)入り身投げへ変化  
⑥(手首送り五変化)吊上げ落とし・指攻め・親指折り・肘攻め・脇合わせ倒し
⑦(手首投げ三変化)脇絞り・あご攻め投げ・肩掛け関節折り     
⑧(ローリング抜けず)足甲踏み、指折り、肘陰つねり、金的攻めへ連続変化 
Ⅳ徒手(相対)
馬乗り①両足肘攻め倒し
馬乗り②両足股間蹴はずし(相手の両足の付け根もしくは、胴、顔面を蹴る)   
馬乗り③目攻めより、肘逆攻め倒し(目攻めは指払い打ち)   
馬乗り④仏骨攻め倒し(親指等で仏骨を押して上げる)   
馬乗り⑤ローリングより頭突き、膝びてい骨蹴り
Ⅴ長棒(相対)
①構え  基本構え・よけ構え・片手補助構え
②打ち方 基本打ち・(回し、掬い、扇)・持ち替え打ち・両端連続打ち
③突き  直突き・しごき突き・投げ突き・繰り込み突き
④よけ  体さばき・払い受け・巻き落とし


科目標