武柳派科目表@
 (基本単独練習要領)
徒 手・当 身・1
@指払い打ち
A手の平打ち(あご打ち、耳打ち)
B掌底上段突き(鼻もしくは顎)
C掌底中段突き(片手みぞ)
D掌底中段突き(両手肩)
Eかかと蹴り(足の甲・脛)
F受け(上、内、外、下、両手)・腕回し
G三角受け
徒 手・当 身・2
@連続打ち・正拳突き、膝蹴り、後ろ肘打ち、手刀鎖骨打ち、肘打ち(後ろ中段、上段、横中段、正面上段)
A連続蹴り・前蹴り、回し蹴り、横蹴り、後ろ蹴り
Bシャドウボクシング{ジャブ(直突き)・ストレート(逆突き)・フック・アッパー)} 
徒 手外し
@張り手守法から指攻めたて抜き{引く(片手、両手)}
A張り手守法から指攻めたて抜き{押す(片手、両手)}
B張り手守法から手首ねじ崩しから交差抜き(片手、両手前
C押し崩し(上・下)
D引き崩し(足を後ろに引く・その場にて)
E腕上げ崩し(前・後)
F指攻め各種
短 棒
@対刃物の構えで、回し打ち、扇打ち、前後突き
A対素手の構えで、掬打ち
B基本対捌き(反り、引き、伏せ)
C囲い受け
D囲い持ちより中央打ち
E囲い持ちより左右連続打ち(基本)
F逆手持ち打突及び中央持ちより打突
G囲い持ちより左右連続打ち(ランダム)
H脇挟みより打ち